花言葉の予想以上の意味!花束をプレゼントして彼女に想いを伝えよう!

彼女に贈るプレゼント。
世界中の男性の頭を悩ませる共通言語といっても過言ではないでしょう。

 

定番アイテムを贈りつくした方、ネタ切れの方の中には、初心に返って(?)花束をプレゼントしてみようと企てている方もいらっしゃるかもしれません。
ロマンチックな雰囲気ですし、何となく情熱的ですよね。映画などでも何となく目にしますし……

 

ただ、安直に花束をプレゼントするのは非常に危険です。
入念な下調べをした上で、足を踏み出すことをおススメ致します。

花言葉はややこしい

どうせ花束をプレゼントするなら、しっかりとした花言葉を添えて……と思われるでしょう。

 

その想いは正解です。

 

ただ、こんな言い方をしてしまうと怒られそうですが、一般的な男性が思っている以上に、花言葉は複雑なんです。

例えば、バラの花言葉について。

例えば、花束プレゼントの定番の「バラ」について。
花言葉、一つだと思っていませんか?

 

違います!

 

色によって、花言葉が違うんですよ。

 

赤いバラは「情熱」、ピンクなら「上品」。
赤いバラを贈ると、直接的に「愛している」というメッセージになりますが、ピンクなら「愛を待っています」というようなニュアンスになります。
他にも、黄色いバラは「嫉妬」、白いバラは「私こそ、あなたにふさわしい」というような具合。

 

いかがでしょう?

 

花屋さんに行って、「バラの花束下さい」と言えば済む問題じゃないんです!

 

バラの色ももっとたくさん。

 

思いを込めたいロマンチストなあなたにはぴったりかもしれませんが、軽い気持ちで贈るには少し敷居が高いかも!?

さらに複雑なバラの花束

さらに、花束の構成の仕方・本数でも意味が変わってきます。

 

2本なら「この世界は二人だけ」、3本なら「告白」のように、バリエーションが多数。

 

しかも、バラのつぼみ1本と開花したバラ2本で花束を作ると、「あのことは当分の間秘密」のように、かなり意味深なメッセージになってしまいます。

 

軽く選んだつもりのバラの花束に予想外の意味が込められてしまうのは非常に危険!

さいごに

ただ、彼女に想いを告げる方法として、花言葉というものを使うことは、決してダサいことではありません。

 

口下手な日本人男性が贈るからこそ、案外彼女に深く伝わることもあるかもしれませんよ!