彼女に靴を贈るのは悪い意味!?プレゼントに靴を選ぶときの注意点

一通りのアクセサリーはプレゼントしたし、財布や時計も贈り済。

 

彼女との付き合いが続くほど、男性陣を悩ませるのが「彼女への贈り物」。

 

今回は、プレゼントに「靴」を選ぶ際の注意点についてご紹介致します。

靴をプレゼントすることの意味とは?

プレゼントとして贈る上で、「そのプレゼントを贈ることにどんな意味があるのか」ということは、一応気にしておかなければなりません。
特に、今回の靴については注意が必要。

 

靴は、どうしても足元を連想させるアイテムですよね。

 

そこから、「見下す」というニュアンスが受け取られることもあるのです。

 

さらに、例えば、外食からの帰り、靴が用意されるような状況がありますよね。
靴を用意するということは、「去ることを促す」という意味まで連想されてしまうんです。

それじゃあ靴を贈ってはいけないの?

そんなことはありません。

 

あくまでも、いわば花言葉のような謂れがあるだけで、一つの受け取り方に過ぎません。

 

人によっては、靴を贈ることに、「束縛からの自由」という意味を読み取る人もいるくらいです。

 

もし彼女が贈り物の意味を入念に捉えるタイプの人であるなら別ですが、一般的な女性であれば、そこまでのことを気にする人は少ないでしょう。

靴を贈る際の注意点!

とは言っても、プレゼントとして難易度が高いことに違いはありません。

 

なぜなら……

 

単純に、靴のサイズが大きな障害です。

 

中には、彼女の靴のサイズをチェックしている「できた」彼もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、ブランドによって靴の規格は微妙に違います。

 

cm表記のショップだけではなく、SML展開のブランドも多くあります。
ヒールの高さによって、サイズを変えて靴を選ぶ女性だっています。

 

とても、男性一人で選んでしまえるものではありません。

靴をプレゼントするなら……

どうしても靴をプレゼントしたいのなら、彼女と一緒に店頭で選ぶことをおススメ致します。

 

残念ながらサプライズ感はなくなってしまいますが、しっかりと試着もできますし、デザインだって、彼女自身に選択権を与えた方が、彼女にとって良いものを購入できるに間違いありません。

 

例えば一緒にプレゼント選びを一日することだって、立派なデートです。

 

食事先や、値段を気にしなくてよいことなどをスマートに告げることなど、些細な配慮さえ怠らなければ問題ありません!