彼女のプレゼントに財布を贈ろう!財布にこめる想いと意味

いくつかの記念日を繰り返すと、贈るプレゼントネタに困ってしまうのはどうしようもないこと。

 

何を贈っても喜んでくれるけど、どうせなら本当に欲しがっているモノを……と頭を悩ませるあなたのために、今回は「財布」についてアドバイスを致します。

プレゼントに財布を贈る意味

男性はあまり気にしたことがないかもしれませんが、実はそれぞれのプレゼントには贈る「意味」があります。

 

花言葉のような、いわば「プレゼント言葉」ですね。

 

想像に易く、財布は「肌身離さず持ち運ぶもの」。
ちょっと外に出かけるだけでも、ほとんどの人が財布だけは身に付けるはずです。
そんなところから、「わたしをいつも傍に、大切にしてください」という意味があるんです。

 

プレゼントに財布を贈ってもいいの?

とは言っても、「プレゼント言葉」を第一に考えて贈り物をしようという方も少ないでしょうし、彼女だってその意味をどこまで理解してくれるのかは怪しいもの。

 

となると、本当にプレゼントとして財布はふさわしいのかをもう一度考えなければいけません。

 

そもそも、財布は、簡単に新調するものではありません。

 

これから何年も使う、という前提があるからこそ、贈る側も慎重に考えましょう。

彼女が使っている財布をチェック!

まずは、彼女が今使っている財布を分析してみましょう。

 

ボロボロの財布か、彼女の年齢に比べると少し幼いイメージなのか、あるいは、気に入って使っているのかどうか……

注意!彼女が今の財布を気に入っているのなら

安直に新しい財布をプレゼントするのは考えもの。

 

どれだけあなたから、彼女にとって不似合に見えたとしても、想い入れがあるのかもしれません。

 

新しい財布が欲しいのかを事前にチェックしてから、贈るべきかを考えましょう。

財布は周囲の人の目にとまる〜おススメの選び方〜

彼女が使う財布があまりに不自然(と、あなたが思う)なら、少し「背伸びをした」ものを選んでみてはいかがでしょうか?

 

これから何年も使うもの。

 

数年後の彼女がもっていて「ふさわしい」ものを選ぶと、長い期間使ってもらいやすくなります。

 

例えば、MARC JACOBSの財布。

 

幅広い年齢層でも使えるラインナップが展開されていますし、ブランドイメージも決して軽くはありません。良いバランス感覚の商品が見つかるかも!?

さいごに

財布をプレゼントしようとすると、その「プレゼント言葉」はさておき、結局、彼女の数年後のことまで考えることになりますよね。

 

あなたのその想いがしっかりと伝わるようなアイテムが見つかると良いですね!